日焼けした脚の脱毛

日焼けするとプロによる脱毛はできません。
エステでは光脱毛、医療機関ではレーザーにて脱毛を行います。

脚に光やレーザーを照射します。
光やレーザーは毛の元の黒い色素に反応し、毛の元となる毛乳頭にダメージを与えることで毛を生えにくくさせるのです。

黒い色素に反応するため、お肌が日焼けで黒い場合には、その中から毛の色素を見つけ出すことができないのです。
お肌が白く、毛が太く濃い方ほどよく反応し効果的なのです。
日焼けしている場合は、十分な効果を得られなくなってしまいます。

さらにお肌の色に光やレーザーが反応してしまい、強い痛みを伴います。ひどいと火傷になってしまうという危険があります。そのため、度合いにもよりますが日焼けしているお肌の方は脱毛することができません。

では、日焼けしている方でも可能な脚の脱毛法はあるのでしょうか。
自己処理はできます。脱毛剤や脱毛器などを使用して自分で脱毛します。ただ一時的なものなのでまたすぐに生えてきてしまいます。

頻繁に行うとお肌には負担がかかります。
自己処理の場合には頻繁には行わず、必要最低限に抑えてするのが良いでしょう。

常に綺麗にしておきたい場合には、ニードル脱毛です。
針を使用して脱毛を行います。脱毛用の針を毛穴に刺します。針に電気を流し、毛の元を焼き破壊します。
一本一本手作業で行うので、時間がかかりますが、日焼けしていてもできます。

ただ、お肌に負担がかかり、痛みも強く感じます。
完了すれば、永久脱毛なのでもう生えてくることはありません。
お肌の弱い方には会わないかもしれませんが、1度体験などで試してみるのが良いでしょう。

ニードルは昔は多くありましたが、最近では光脱毛やレーザーの方が、お肌への負担も少なく効率も良いので主流となっています。

日焼けしていない状態で行くのが望ましいのですが、どうしても日焼けしてしまう事情がある方はニードル脱毛を検討してみてください。

Onishi